2017年10月07日

水素吸引・吸入器はまだ止めときなさい!?その真意とは・・

2.png

先日、水素吸引・吸入に関しての記事をアップしました。
その記事についてご質問を頂きましたので、私個人の意見としての回答をしました。

質問が来るってことは大変嬉しいことです(^^)
ブログをしっかり読んで頂いている証拠なので光栄です。
ブログアップにも力が入ります!


さて今回頂いたご質問は、お一人から二つです。

1.水素吸引を親戚が持っていて購入を考えてたのですが、本当にまだ早いですか?
2.水素吸引器にも色々あるんですか?

この2点でしたので、私なりに調べて、以下のように返信させて頂きました。

----------------------------------------------------------------------------------

1.水素吸引を親戚が持っていて購入を考えてたのですが、本当にまだ早いですか?

早いというよりかは、水素水のような検証結果や実証が乏しいのでココがもう少し
証明されてきて、効果が見えてきだしてからでも遅くはないのかなって思ってます。

・肌がキレイになってきたとか・・
・体が毎日軽いとか・・
・目覚めがよくなったとか・・

って個人意見もありますが、その一方、めまいや吐き気、頭痛などの副作用らしき
症状も出たと言う報告もあるのも事実です。

こういう直接体に取り込むものは、私は特に慎重になってしまいます。

ですので、私個人はまだ『これはいい』とは言えず、検証待ちで保留かなって感じでいます。

その親戚の方はどうなんでしょう?
やはり実際使用している方の意見が一番でしょう!
是非聞かれてみてください。
よかったらその報告をもらえると嬉しいです(^^)
宜しくお願いします。

2.水素吸引器にも色々あるんですか?

吸引に大事なのは、濃度と純度です。

なんとなく数字が高ければ良さそうと安易に選ぶと危険です。

濃度が高くても、ガスの総量が少なければ吸える水素はほとんどありません。

純度は、水素と酸素にきちんと分解できているかということです。

そして水素吸入器の種類も大きく分けて3つあります。


●化学反応式
水素サプリや水素バスと同じように水素パウダーと水を反応させて、水素を発生させます。

●電気分解方式
水を電気分解することで、水素と酸素の混合気体を発生させます。

●熱処理方式
水を加熱し気体にさせ、気体にさらに熱を加えることによって、水素分子と酸素分子を分ける方式。


どれも一長一短あるようですが、安全面では熱処理方式だと言われています。
しかし、一番高値ではあります。

以上、私なりに調べてみました。
参考にして貰えれば幸いです(^^)

----------------------------------------------------------------------------

こんな感じで、ご質問いただいた方に返信致しました。

もっともっと水素吸引に関して知りたい方は、コチラから無料資料請求してみては・・

水素ガス吸入機能も搭載!高濃度水素水生成器【ルルドハイドロフィクス】



水素吸引器にも様々ありますので、良く調べてから判断して貰いたいと思います。







posted by 水素最強 at 21:00| Comment(0) | 水素吸入・吸引器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。