2017年08月18日

濃密水素のパック登場!その効果とは・・!?

水素パック.jpg

このブログで以前、水素水を脱脂綿に含ませて、肌に直接塗布する方法を
お伝えしました。
その記事はコチラ

今空前の水素ブームもあいまって、水素のパックもチラホラ見かけますが、
色々私なりにネットや雑誌を調べて行った中で、今売れていて
口コミ評価も高いこの濃密水素パックを見つけました。

かなり評判もいいのでご紹介します。

水素は体の錆びの原因となる活性酸素を除去できるので、
この水素パックはオススメなんです。
圧倒的な還元力!これです。
水素は他の美容成分と比べても還元力が圧倒的なんです。
錆びに負けない、この水素パックがいいんです。

このマスク1枚に、何と美容液1本分が入っているから驚きです。
この辺の詳細は公式ページでご覧頂けます。

価格も非常にお得ですので、一度試されてみては!

還元力が圧倒的な、濃密水素のパック!



posted by 水素最強 at 16:14| Comment(0) | 水素パック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

水素パックは簡単で経済的!水素水パックの全貌を暴露!

水素パック.JPG

水素パックは絶対お奨め!!

水道水による洗顔が原因で皮膚細胞付近で発生してしまう活性酸素は、
メラニン色素を生成するために必要となるチロシナーゼという酵素を活性化させ、
大量のメラニン色素の生成につながります。
それが、シミの原因です。

活性酸素から皮膚細胞を守るため、
メラニン色素を黒色メラニン(コウメラニン)へと変化させてしまうため、肌がくすみます。
活性酸素は皮膚の奥深くだけではなく、皮膚表面にも良くないんです。
皮膚の表面で発生した活性酸素は皮脂と結合し、肌に有害な過酸化脂質となり、
毛穴の黒ずみ、ニキビの炎症などを引き起こすとともに、
肌が生まれ変わる周期の乱れといった肌トラブルや老化の引き金となります。

そこで一度水素水でのパックをお奨めします。

水素パックは臨床結果も多く出てますし、何より
残った水素水で手軽に出来るので経済的です(^^)

化粧水のパックと全く同じ要領で、ただ、コットンに浸し、お顔にのせるだけ。
一枚のコットンを2〜3枚に割いて伸ばして使います。
一回に使用するコットンが少なくて済みますのでこれ又済経済的ですね。

一度お試しあれ!!

posted by 水素最強 at 13:05| Comment(0) | 水素パック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月07日

水素パック 水素水とサビない身体

水素水の美容効果!?

水素水には、先日お伝えしましたとおり、医学的な臨床試験により20種類以上の症状・疾患に対する効果効能は証明されています。

その中でも美容効果と呼べるものは
1.紫外線や水道水、化学物質などにより発生する活性酸素から皮膚細胞を保護する
(シワ・シミ・くすみ・毛穴の黒ずみの予防・改善)
2.脂肪細胞の代謝効率を高める(ダイエット効果)
が挙げられます。

本日はシミ、くすみについて少しお伝えしますね。
実はその改善策として水素パックがお勧めです。

皮膚のシミやくすみは、活性酸素と脂質の結合による過酸化脂質と
活性酸素によるメラニン色素の増加が原因なんです。
活性酸素による過酸化脂質の生成は、連鎖的にしかも断続的に行われるため、シミやくすみを招きます。

そこで水素パックです。
1. 水素分子がもつ強力な抗酸化力によって、過酸化脂質の生成を停止させることができ、皮膚のシミやくすみを沈静化させる事ができます。
2. メラニン色素の増加は、活性酸素がメラニン色素を生成するために必要となるチロシナーゼという酵素を活性化させてしまうことで起きる現象であるため、その根源である活性酸素を水素分子で除去することで、メラニン色素の生成を抑制する事ができます。

水素パックは簡単です。
水素水を100均とかでも売ってます、コットンとかでも良いですので
そこに水素水を充分浸し、コットンを一枚ずつばらして顔(ひたい、頬、アゴ)や気になる部分、
足や手でも良いです。
そこに塗布するだけです。

女性の方は、化粧のりも変わりますよ。
うちの妻も体感済みで、お墨付きですから間違いないです。
一度お試し下さい。


本日は一つ本をご紹介しますね。
水素水の日本の第一人者とも言うべき日本医科大学教授太田成男(オオタシゲオ)さんが
出してる本になります。
非常に読みやすく理解しやすい本ですから、疲れないと思います。

水素水とサビない身体 本はコチラ
↓  ↓  ↓

★水素水とサビない身体 ★
 
posted by 水素最強 at 11:00| Comment(0) | 水素パック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする